ボイスワープの設定方法まとめ[ひかり電話・アナログ・INS] | イマキケ

ボイスワープの設定方法まとめ[ひかり電話・アナログ・INS]

契約者でもなかなか持ってない人が多いとされる、ボイスワープの設定マニュアル。

一度設定してしまえば、普段は「開始」と「停止」くらいの操作で済むのですが、新規で申し込んだりひかり電話に切り替わった際には初期設定が必要となります。

ボイスワープとは

NTT東西が提供する、かかってきた電話を他所へ転送するサービスです。かつては「転送電話」という名前のサービスでした。

「事務所を留守にしがち」、「休日にかかってくる電話もとりこぼしたくない」など、大事な電話を漏らさずキャッチすることができる便利なサービスです。

月額料金・工事費・通話料は?

ひかり電話 回線

※以下の表はスマホの場合、左へスライドすることができます。

月額使用料 月額500円(税抜)
通話 / 通信料 発信者から転送元までの通話・通信料金は、発信者の負担となる。
転送元から転送先までの通話・通信料金は、契約者の負担となる。
工事費 2,000円(税抜)※他の工事とセットの場合は減額の場合あり

アナログ・INS 回線

月額使用料 住宅用:500円(税抜)/月
事務所用:800円(税抜)/月
通話 / 通信料 発信者から転送元までの通話・通信料金は、発信者の負担となる。
転送元から転送先までの通話・通信料金は、契約者の負担となる。
工事費 不要

通話料の負担はどうなる?

 

かけてきた人にかかる通話料は、かけた人がダイヤルした電話番号(転送元)までの通話料金の負担になります。

 

もし携帯電話に転送している場合は、ダイヤルされた電話番号(転送元)から携帯電話(転送先)への通話料金は、ボイスワープを契約している人の負担となります。

設定のはじめかた

転送させるのに最低限の必要な設定として

 

1.転送したい先の電話番号を登録する

 

2.転送の開始(停止)の操作をする

 

とりあえず、これだけ設定すれば転送はできます。

設定はまず受話器を持ち上げて「142」からスタートします。(スピーカー機能があれば受話器を下ろしたまま設定可能)

142をダイヤルするとガイダンスが流れるので、何も見なくてもそれを聞きながら設定していくこともできますよ。

転送先電話番号を登録して転送開始するだけなら特に難しいことはないと思いますが、「複数の転送先を選択して転送させたい」「もっと長い時間呼び出して出なかったときに転送にしたい」など、条件を変更したい際にはそれぞれの設定が必要となってきます。

ボイスワープ設定:ひかり電話

※以下の★電話番号の部分は、複数のひかり電話の番号を持っているときに設定したい電話番号を入力します。
※以下の設定方法は抜粋なので、詳しいマニュアルについては以下のNTT東西のPDFファイルを参照してください。

ひかり電話:NTT東日本マニュアル
ひかり電話:NTT西日本マニュアル

※以下の表はスマホの場合、左へスライドすることができます。

自動転送の設定(かかってきた電話をすべて転送)
転送先の電話番号を1つ登録する 「142」→★電話番号+#)→「2」→「転送したい電話番号」+「#」→「1」 
転送先リスト「1~4」から1つ番号を指定する 「142」→★電話番号+#)→「4」→「1」→「1」~「4」→「1」 
転送先の電話番号を複数登録する 「142」→★電話番号+#)→「4」→「0」→
「2」~「4」→転送先電話番号+「#」→「1」 
転送を開始 無条件転送 「142」→★電話番号+#)→「1」→「1」 
無応答時転送 「142」→電話番号+#)→「1」→「2」 
話中時転送 「142」→電話番号+#)→「1」→「3」 
無応答時と話中時転送の併用 「142」→電話番号+#)→「1」→「4」 
転送を停止 「142」→電話番号+#)→「0」
無応答時転送の際の呼び出し秒数を設定する 「142」→電話番号+#)→「3」→「5」~「60」+「#」→「1」
利用状況の確認 転送先リストの確認 「142」→電話番号+#)→「8」→「0」
転送方法の確認 「142」→電話番号+#)→「8」→「1」
セレクト機能に関する設定
(あらかじめ登録した電話番号からかかってきた場合だけ転送または着信させる)
登録リストに電話番号を登録する 「147」→電話番号+#)→「2」
→「登録電番」+「#」→「1」 
セレクト機能の利用条件
を指定する
登録番号転送 「147」→電話番号+#)→「3」→「1」
登録番号着信 「147」→電話番号+#)→「3」→「2」
セレクト機能の解除 「147」→電話番号+#)→「3」→「0」
登録リストから電話番号を削除する 「147」→電話番号+#)→「9」→「削除する電話番号」+「#」→「1」
登録番号を確認する 「147」→電話番号+#)→「8」

ボイスワープ設定:アナログ

※以下の設定方法は抜粋なので、詳しいマニュアルについては以下のNTT東西のPDFファイルを参照してください。

アナログ:NTT東日本マニュアル
アナログ:NTT西日本マニュアル

※以下の表はスマホの場合、左へスライドすることができます。

自動転送の設定
転送先の電話番号を登録
(転送先リスト番号0に登録)
「142」→「2」→「転送先電話番号」
転送を開始 「142」→「1」
転送を停止 「142」→「0」
複数の電話番号を登録
(転送先リスト番号1~4へ登録)
「142」→「4」→「0」→(「1」~「4」)→「転送先電話番号」
転送先を指定する 「142」→「4」→「1」→(「0」~「4」)→「9」
電話をかけてきた方へ
転送中のアナウンスをする
あり:「142」→「4」→「2」→(「1」~「3」)→「9」
なし:「142」→「4」→「2」→「0」→「9」
転送先にどの電話番号から
転送されたかをアナウンスする
あり:「142」→「4」→「4」→「1」→「9」
なし:「142」→「4」→「4」→「0」→「9」
転送するまでの呼び出し回数を指定 無条件転送 :「142」→「3」→「0」
無応答時転送:「142」→「3」→(「1」~「9」)
応答後転送に関する設定
応答後転送の設定をする あり:「142」→「4」→「5」→「1」→「9」
なし:「142」→「4」→「5」→「0」→「9」
現在の設定状況の確認
転送先リストの登録内容確認 「142」→「8」→「0」
転送先トーキの指定状況確認 「142」→「8」→「1」
リモートコントロールの指定状況確認 「142」→「8」→「2」
転送先案内の指定状況確認 「142」→「8」→「3」
応答後転送の指定状況確認 「142」→「8」→「4」

ボイスワープ設定:INS

※以下の設定方法は抜粋なので、詳しいマニュアルについては以下のNTT東西のPDFファイルを参照してください。

INS:NTT東日本マニュアル
INS:NTT西日本マニュアル

※以下の表はスマホの場合、左へスライドすることができます。

自動転送に関する設定
転送先の電話番号を登録
(転送先リスト番号0への登録)
「1422」→「転送先電話番号」
転送を開始する 無条件転送 「14211」
無応答時転送 「14212」
話中時転送 「14213」
無応答時と話中時転送 「14214」
転送を停止する 「1420」
複数の電話番号を登録する
(転送先リスト番号1~4へ登録する)
「1424」→「0」→(「1」~「4」)→「転送先電話番号」→「9」
転送先を指定する 「1424」→「1」→(「0」~「4」)→「9」
電話をかけてきた人へ
転送中のアナウンスをする
あり:「1424」→「2」→(「1」~「3」)
なし:「1424」→「2」→「0」
転送先にどの電話番号から
転送されたかをアナウンスする
あり:「1424」→「4」→「1」
なし:「1424」→「4」→「0」
無応答時転送の起動時間を設定する 「1423」→(「0」~「11」)
現在の設定状況の確認
転送先リストの登録内容確認 「1428」→「0」
転送先トーキの指定状況確認 「1428」→「1」
リモートコントロールの指定状況確認 「1428」→「2」
転送先案内の指定状況確認 「1428」→「3」
リモートコントロール(外出先で操作)に関する設定
リモートコントロールの設定をする
(契約電話で暗証番号設定)
あり:「1424」→「3」→「1」→「暗証番号」
なし:「1424」→「3」→「0」
外出先から転送を開始する 外出先固定電話で 「1427」→「契約電番」→「暗証番号」→「1」
携帯・PHSで 「リモコン用アクセス番号」→「契約電番」→暗証番号」→「1」
外出先から転送を停止する 外出先固定電話で 「1427」→「契約電番」→「暗証番号」→「0」
携帯・PHSで 「リモコン用アクセス番号」→「契約電番」→暗証番号」→「0」
外出先から転送先を変更する 外出先固定電話で 「1427」→「契約電番」→「暗証番号」→「2」→転送したいリスト番号(「0」~「4」)
携帯・PHSで 「リモコン用アクセス番号」→「契約電番」→「暗証番号」→「2」→転送したいリスト番号(「0」~「4」)
セレクト機能に関する設定
登録リストに電話番号を登録する 「147」→「2」→「登録電番」
セレクト機能の利用条件
を指定する
登録番号転送 「147」→「3」→「1」
登録番号着信 「147」→「3」→「2」
セレクト機能の解除 「147」→「3」→「0」
登録リストから電話番号を削除する 「147」→「9」→「削除する電話番号」
登録番号を確認する 「147」→「8」

無条件転送と無応答時転送はどちらがいい?

無条件転送:かかってきた電話は即転送先の電話に転送

無応答時転送:あらかじめ設定しておいた秒数で応答がない場合のみ転送

どちらの設定がいいかのかというと、転送元が不在で電話には出られないという場合はもう初期設定の無条件転送でいいと思います。

転送元に人はいるけど出られないかもしれない、またはいるかどうかわからないという場合は無応答時転送がいいと思います。

しかしその場合、あまりに長い秒数を設定してしまうとせっかく電話してきてくれた人をかなりお待たせしてしまうことになるので、5秒~60秒まで設定できますが、20秒以内で設定しておくのが無難かもしれませんね。

ちなみに電話の1コールは3秒となっています。(1秒間音が出て、2秒間無音)

設定に関する問い合わせ先

「説明してくれないとよくわからない」「他にもちょっと聞きたいことがある」という場合には、電話で問い合わせることができます。

■東日本エリア
0120-116-116
9:00~17:00
年中無休(年末年始を除く)

■西日本エリア
0120-248-995
9:00~21:00
年中無休(年末年始を除く)

これらのフリーダイヤルの番号は、携帯電話からも繋がるのでとてもありがたいですね。

ボイスワープはビジネスに大きなメリットがあります。ぜひ有効に活用していきたいものですね。